乙な情報ブログ

日常の生活の中で知っておくと便利な情報を書き綴るブログです。毎日の習慣の中でふと疑問になることを解決したり、対策を紹介しています。

胃の不調な時の食事は?胃を守るために考えたい生活習慣も紹介!

   

風邪を引いている時など病気の時、またはストレスが溜まってイライラしている時、人は胃の調子が悪くなることが多いです。

胃の調子が悪いときはあまり物を食べることができませんよね。

でも健康をまもるためには物を食べないわけにはいきませんから、胃の調子が悪い時のおすすめの食事について紹介いたします。

スポンサードリンク
  

胃が不調な時は消化の良い物を選んで食べる

胃が悪い理由はいくつかありますが、胃を守るために出来ることは、まずいつもの食事に注意することです。

便秘解消などのために食物繊維を摂る方は多いですが、食物繊維は胃の調子をさらに悪くしてしまう可能性がありますので、まずは食物繊維をやめて消化の良い食事に変えましょう。

胃が不調の時に食べてはいけないものは?

胃酸の分泌が高くなれば胃の調子は悪くなる一方です。

胃を刺激することがないように唐辛子や塩コショウなど香辛料が多いものは控えること、お漬物など食塩が多いものを控えること、そしてアルコールや炭酸飲料、コーヒーなどをやめるとことを考えてください。

アイスクリーム等甘いものも一気に食べる問によくありませんから注意しましょう。

そして胃が不調なときは胃をいたわることも大切です。

スポンサードリンク

速く食事を食べることは胃に負担をかけてしまいますから一気に飲み込まず、かんでしっかりと食べるようにしてください。

胃を守るために考えたい生活習慣とは?

大事な胃を守るためには食事だけでなく毎日の生活を改善するだけでも状態は変わっていきます。

食事はなるべく栄養バランスを考えること、規則正しく食べること、寝る前にはあまり食べないこなど健康的な生活をおくるようにしてください。

またタバコを毎日吸っているという方は、胃を守るためにと思って頑張ってやめてはいかがでしょうか。

生活を変えたからといってすぐに胃が丈夫になるわけではありません。

しかし、胃が健康に近づくことは間違いありませんから、出来ることから始めて大事な胃を守ってください。

胃が不調のままではご飯も美味しく食べることができませんから、まずは胃が元気になるよう、消化の良いご飯や豆腐、ヨーグルトなど、栄養価が高くて消化が良い物を選んでください。

普段から好きでよく食べているといっても、ラーメンや脂身の多い肉、コーヒー、お菓子などは避けましょう。

まとめ

たくさん食べると胃に負担がかかるものですが、胃が不調のときは許容量はかなり狭められてしまいます。

こうなると食べるものがなくなってしまいますから、1日に4回から5回に分けてこまめに食事を食べるようにするといいですよ。

スポンサードリンク

 - 生活 ,