乙な情報ブログ

日常の生活の中で知っておくと便利な情報を書き綴るブログです。毎日の習慣の中でふと疑問になることを解決したり、対策を紹介しています。

熱中症の症状と対策、応急処置はどうしたらいい?

   

夏になると心配になる熱中症。しっかり対策をすれば熱中症を予防することは可能です。

熱中症は深刻な場合は命を落とすケースもあるため、気温が高くなる夏は特に注意をしないといけません。

では熱中症の症状と応急処置について早速ご紹介しましょう。

スポンサードリンク
  

熱中症の症状について

熱中症の初期症状は人によっても異なりますが、その時の体調や環境によっても現れる症状は多少違います。

一般的なものとしてはだるさ、頭痛、めまい、吐き気などがあります。

そもそも私達の体は、体温が上昇した時に汗や皮膚温度により外へ熱が逃げる仕組みになっています。

しかしこの自然の体温調整ができなくなると熱中症の原因に。

その理由は体調が悪い場合や、気温が高い、湿度が高い、締め切った室内にいるなど、環境による要因もあります。

これらの原因が重なった時に突然感じる熱中症の症状。

水分不足は特に危険な事の一つ。

乳幼児や高齢者などは抵抗力も少ないため、熱中症が重症化して深刻な状態になる可能性も高いのです。

そこで大切なのが日頃からの熱中症の対策です。

応急措置の方法について

もし熱中症が疑われるような症状が起きた場合は、まずは涼しい場所へ移動して体温を下げること。
衣類を緩めて通気性を高くし、おでこや首を濡れタオルで冷やすことも忘れずに。

もし意識がないほどの重症の場合はすぐに救急車を呼んで医療機関で診察してもらいましょう。

スポンサードリンク

そして体温が下がり水分を自力でとれる時はスポーツドリンクなどの塩分やミネラルが配合されたもので水分補給をします。

その後は体調が安定するまでその場で休みましょう。

念のため病院で診察を受けることも忘れずに。

熱中症の対策としては、とにかく体温の上昇を下げることがポイントになりますので、冷たいもので体を冷やすことが大切です。

首は太い血管が走っているため体温を調整する効果がとても高い部位の一つです。

予防するにはどうしたらいい?

夏は熱中症の対策をしっかりとることが大切。

ならないように日ごろから予防をしましょう。

オススメな方法は体温を一定に保つ為に涼しい衣類を着用すること。

通気性や吸汗性が高い素材を選びましょう。

そして屋外にいる場合はなるべく日陰を利用すること。

直射日光に当たると短時間で急激な体温上昇と水分不足を招いてしまいます。

また日傘や帽子を利用したり、水分をこまめに摂ることも忘れずに。

最近では熱中症対策のためのキャンディーやドリンク剤なども多く販売されています。

不安な場合はこのようなアイテムを携帯してもよいでしょう。

夏は喉が渇いてから水分補給をしては遅すぎます。

体が熱いと感じた時には必ず水分補給をして、涼しい場所に行くか体を冷やす工夫をしましょう。

まとめ

夏の熱中症の対策は日頃からの体調管理が重要なポイント。

疲労がたまっている時や食欲がない時などは抵抗力も弱いため、体温調整も正常に行われません。

生活習慣を規則正しく、そして栄養のある食生活を意識しましょう。

スポンサードリンク

 - 生活 ,