乙な情報ブログ

日常の生活の中で知っておくと便利な情報を書き綴るブログです。毎日の習慣の中でふと疑問になることを解決したり、対策を紹介しています。

海水浴でクラゲに刺された時の対処は?

   

海水浴での予想しないケガは対処に慌ててしまいませんか。

特に海水浴のシーズンによってはくらげに刺される被害もあります。

そんな緊急の場合どのような対処をしたらよいか、早速ご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

海水浴場でくらげに刺された時はどうする?

海水浴場でのケガは誰でも想定外に起こる事です。

特にくらげに刺されてしまった時は対処方法がわからないと大変です。

くらげには体にとげのある触手がありそれが皮膚に触れるととげが刺さり、とげのなから毒が発生して皮膚内で炎症を起こします。

一時的な応急措置としては、くらげの毒は熱に弱いため熱い砂で患部をこすって対処します。

そのあとに海水で綺麗に洗いとげを取りましょう。

この時の注意ですが、水道水で洗い流してしまうと、とげの中の毒が浸透圧のためにさらにでてしまう特性があります。

必ず海水を使って洗い流しましょう。またくらげの毒はアルコールに弱い一面もありますので、海水で洗い流した後にアルコールで洗う方法もあります。

最低限の救急セットを持参しておく

海水浴場では想像しないようなけがをする場合もあります。

そんな時に最低限の救急セットを持参しておくと安心です。

特に小さな子供と一緒にいる場合は、小さな切り傷なども起こりがちですよね。

絆創膏や消毒パットなどを携帯しておきましょう。

また海水浴では暑さの為に熱中症になる場合もあります。

けがだけでなく体調管理も大切ですので、必ずスポーツドリンクやミネラルウォーターなどは携帯しておきましょう。

スポンサードリンク

そして海水浴ではアルコールの飲み過ぎも危険です。

足元がふらつく状態では、けがをする原因にもなりますので楽しい海水浴が苦い経験にならないように自己管理する点も覚えておきましょうね。

海水浴でのけがは軽い傷から骨折など、救急車が必要になるほどの深刻な場合もありますので、くれぐれも危険な行為は避けましょう。

海水浴場でけがをしたらすぐに救護室へ

海水浴でけがをして救急措置が必要な場合はすぐに救護室に行きましょう。

まず海水浴場に到着したら救護室の場所を確認してください。

小さな切り傷程度であれば自分で対処することは可能ですが、くらげに刺される場合などは毒の種類によっては病院で診察を受けることが必要になります。

一時的な対処をとる場合も、どうしていいかわからない場合は必ず救護室で相談してください。

軽いけがと思っていても、家に帰ってから重症化する場合もあります。

くらげに刺された時は念のために皮膚科を受診しましょう。

ひどい場合は内服薬を服用しないといけない場合もあります。

海水浴でのけがや体調の異変は自己判断せずに、不安な場合は必ず病院で診察を受けてください。

せっかくの夏が治療で終わってしまうなんてことが無いようにご注意くださいね。

まとめ

海水浴では意外と落とし穴になる危険がたくさんあります。

素足で砂浜を歩くだけでもガラスの破片などが心配になりますよね。

海水浴を楽しむには、万が一のけがの対処方法を知っておくと安心ですよ。

スポンサードリンク

 - 生活 ,