乙な情報ブログ

日常の生活の中で知っておくと便利な情報を書き綴るブログです。毎日の習慣の中でふと疑問になることを解決したり、対策を紹介しています。

車でお仕事する男性の紫外線対策方法とは?

   

車に一日中乗って仕事をする方は、車内にいる時間が多くても意外と日焼けをしてしまいます。

片方の腕だけ真っ黒に日焼けしてしまう方も少なくはありません。

では車内ではどんな点に注意して紫外線予防をしたらいいか、オススメの対策方法をご紹介します。

スポンサードリンク
  

車中の日焼け予防方法

夏の車内はエアコンが効いている為、ついつい紫外線予防を忘れてしまいがちです。

気が付くと直射日光が当たりやすい片方の腕だけが黒く日焼けすることってありますよね。

車の中はダイレクトに太陽の光を浴びやすい為、わずかな移動時間でも紫外線対策は重要です。

肌が出ている腕や顔には日焼け止めクリームを使いましょう。

また日焼けしやすい腕の紫外線対策は、長袖のシャツを着る事です。

もしくは腕の部分だけを隠すアームカバーも販売されていますので、このようなグッズを活用するのもよいでしょう。

完璧に紫外線予防をするなら日焼け止めを塗ってさらにアームカバーすると効果がさらにアップします。

もしくは車の窓自体にUVカットのフィルムを貼るのも方法の一つですよ。

車に乗って働く男性の紫外線対策方法

車中では意外と日焼けをしやすい環境が揃っています。

車の窓からは直接光が差し込んでいるため、渋滞で車中にいる働く男性には大ピンチです。

仕事で車に乗っている働く男性は服装がポイント。

仕事中の営業マンの方はカジュアルな服装にもなれませんよね。

そこでおすすめなのがUVカットの素材を使った衣類。

スポンサードリンク

半袖のシャツは基本的に腕の日焼け原因になってしまいますので、できれば長袖のUVカットシャツがオススメです。

また車の乗り降りが激しい時、わずかな時間でもスーツの上着を着用して紫外線対策をしましょう。

また紫外線による肌のトラブルを避けるためには、ビタミンCを充分に摂取することも大切です。

特に働く男性は喫煙の習慣がある方も多く、タバコはビタミンCを破壊する原因になっています。

目からの紫外線対策が重要

車中でも紫外線対策は欠かせません。

腕もしっかりカバーして、長袖も着たからもう安心。

でも紫外線のダメージは直接肌に当たる事だけではないのです。

腕や顔に当たる日差しはもちろんダメージになりますが、実は目から感じ取る紫外線も、脳にメラニン色素を活発にする信号を送ってしまうのです。

そこで車中で過ごす方が多い方は、UVカットのサングラスの着用をオススメします。

肌に日焼け止めを塗るだけでなく、紫外線の目からの侵入も防がないと効果的な紫外線対策はできません。

サングラスはファッショングッズとしてだけでなく、目に当たる紫外線を避けるためにも大切な役割を持っています。

長袖をしっかり着ていても肌が黒くなるのは、目から紫外線が入っている証拠です。

サングラスでしっかりと予防対策を行いましょう。

まとめ

車で営業や配達などの仕事をされる方は、夏の間は特に紫外線対策が気になります。

そのままでは腕が片側だけ、もしくは顔だけなどバランスが悪い日焼けになってしまいます。

早速今日から効果的な日焼け予防をはじめましょう。

スポンサードリンク

 - 生活 ,