乙な情報ブログ

日常の生活の中で知っておくと便利な情報を書き綴るブログです。毎日の習慣の中でふと疑問になることを解決したり、対策を紹介しています。

入社3ケ月で転職を考える時のポイントは?メリットとデメリットも紹介

   

転職は大変ストレスになり、しかも転職をして必ず成功するとは限りません。

入社3か月目のタイミングでそろそろ慣れてきた矢先、いきなり転職をする方も少なくはありません。

失敗しない為にはまずどんなメリットとデメリットがあるのか理解しておきましょう。

スポンサードリンク

入社3か月目の転職のメリットは何?

入社して3か月ほど時間が経つと、仕事や人間関係にも徐々に慣れてくる時期。

就職したばかりの時は、なんとか仕事を覚えて早く環境になれるために毎日が緊張の連続です。

しかし慣れてくると徐々に見えてくるのが職場の実態。

3か月目になると、このまま本当にこの仕事を続けていいのかどうか、不安が出てくる時期でもありますよね。

入社3か月で転職をするメリットは、何年も働いている人と比べると仕事をそれほど任されないため、引き継ぎなど比較的簡単に済む点があります。

早く辞めたほうが、職場の人に仕事面での迷惑をかけることが少ないという利点がありますよね。

長年続けた仕事を辞めるのは大変でストレスなになること。

それに比べると、入社3か月で転職するのはちょっと早すぎますが、ほかの職種にも挑戦できるチャンスなのです。

注意したいデメリット

入社3か月目になると、仕事も慣れて自分の役割もほぼ完璧に理解したと勘違いしてしまう人も多いでしょう。

本当に求めていたのはこの仕事ではない、とさっさと見切りをつける人もいますよね。

しかしこの時期に転職するのはデメリットもたくさん。

まずは生きていくうえで大切な忍耐力が養われないというデメリット。

スポンサードリンク

社会で学ぶことは人生にとっても大切な要素がたくさん。

入社したばかりで転職してしまうと、何をしても続かないという不安もいずれ出てきてしいます。

また入社して3か月ぐらいでは、仕事や人間関係もまだよく理解していない時期。

簡単に決断をするのは早いすぎますよね。

また失業保険などもある程度の期間勤務しないともらえないというデメリットもありますので、金銭的な面でも注意しないといけません。

転職は計画的に

 

入社3か月目は仕事に慣れてくる時期。

同じ時期に就職した友達の話を聞くと、ほかの仕事が魅力的に見えてる頃ですよね。

転職をするのは自分が納得できる理由を持つことが大切です。なんとなく嫌になった、という気分的な判断で転職を決めてはいけません。

また将来のキャリアを積むために自分が本当にやりたいことは何か、再度考える時期でもあります。

入社3か月目での転職は特に時間をかけて計画しましょう。マイナス思考でなく、プラス思考で自分の置かれた環境を理解してくださいね。

長い人生、転職をするチャンスは何度もでも訪れます。成功させるには強い意思とタイミングが大切。

転職は時間をかえてプラン作りから始めましょう。新しい職場で一から始めるのは大変ストレスになりますからね。

まとめ

入社3か月で転職するのは良いのか悪いのか。

それは人それぞれの価値観により見方は異なります。

メリットとデメリットをよく理解して、転職を成功させてくださいね。

毎日の生活が充実するような仕事をすることが一番の理想ですよ。

スポンサードリンク

 - 仕事