乙な情報ブログ

日常の生活の中で知っておくと便利な情報を書き綴るブログです。毎日の習慣の中でふと疑問になることを解決したり、対策を紹介しています。

クーラーを使わずに涼を取る方法は?

   

夏の暑さは我慢できるものではありませんから、ついクーラーを付けたくなってしまいます。

けれど、クーラーは長い時間つけていると身体を冷やしすぎることも多いですし、電気代がすごいことになってしまいますよね。

クーラーをつけなくても涼を取る方法がありますので、たまにはクーラー無しの生活をしてみませんか?

スポンサードリンク

扇風機を上手に使って部屋の温度を下げ、心地良く過ごす

部屋の中に熱がこもっている状態ではどうやっても涼しくなりませんから、熱気を外に出しましょう。

窓を開けて網戸にしたら、扇風機を網戸に向けて回します。

そうすれば、部屋の中の熱い空気は扇風機の風と一緒に外に出て行ってくれます。

また、扇風機はそのまま回すだけですと生ぬるい風を感じることができません。

しかし、扇風機の前に洗面器に入れた氷を置けば、気化熱の力で温度が下がりますから冷たい風に変わります。

小さい子がいらっしゃるご家庭は触ると危ないのであまりおすすめできませんが、氷の代わりにドライアイスを置くとさらに風を冷たくすることが可能です。

遮光カーテンにして、外出前は必ず閉めるようにする

夏の暑い日差しはカーテンを開けておけば部屋の中に差し込みますから、部屋の温度を上げるだけです。

スポンサードリンク

日差しを通さないためには遮光カーテンを選び、外出前は必ず締めておくようにしてください。

西日は特に暑いですから、西向きの部屋を特に気をつけて遮光カーテンを閉めておくよう心がければ、部屋の中の温度をそれほど上げずにすみます。

熱を下げる食べ物を食べる

暑い時は体温も上がって夏バテしやすいですが、熱を下げる食べ物を食べることによって心地よく過ごせるようになります。

夏野菜と言われるものには体温を下げる効果があります。

ですから、トマトやきゅうり、とうもろこし、パイナップル、バナナなどを積極的に食べて、身体の中から涼しくなりましょう。

まとめ

クーラーを使うことがもったいないからとただクーラーを切って我慢するだけでは身体を悪くするだけです。

しかし、クーラーを一日中つけっぱなしでいることも身体にはよくないですから、クーラー無しでも涼しく過ごせる方法を用いて、夏を乗り切りましょう。

熱くて我慢できない時は、冷水に足を入れるだけでも心地よいです。

クーラーボックスに冷たい水を入れて足をつけていれば、心地よいですから夏の暑さも忘れることができます。

どれも特に何か特別なものがなくても出来る方法ばかりですから、一度クーラーを切ってお試しください。

スポンサードリンク

 - 生活