乙な情報ブログ

日常の生活の中で知っておくと便利な情報を書き綴るブログです。毎日の習慣の中でふと疑問になることを解決したり、対策を紹介しています。

自宅で出来る焼き芋の美味しい作り方を紹介

   

焼き芋ってホクホクしていますし甘くて美味しいですから、焼き芋屋さんを見ると思わず買って食べたくなります。

しかし、焼き芋って買おうと思うとけっこう高いですよね。

焼き芋は自宅で自分でも簡単に作ることができます。

どうやったら美味しい焼き芋を作れるの?という方に簡単で美味しい焼き芋の作り方をご紹介します。

スポンサードリンク
  

電子レンジがあれば出来る簡単な焼き芋の作り方は?

用意するものは新聞紙だけです。

まずは余分な水分がないようにさつまいもをしっかり拭いてから新聞紙でしっかりくるみます。

その後は電子レンジの出番です。

電子レンジの「強」で1分半から2分ほど温めます。

その後は電子レンジの「解凍」を選んで10分から15分ほど温めてください。

大きめの芋ならば焼きムラが出やすいですから、途中でお芋の上下をひっくり返しましょう。

新聞紙で包んだまま上から触って柔らかくなっていたら出来上がりです。

焼き芋屋さんのような味を楽しみたいならばオーブンを使おう

焼き芋屋さんで売っている焼き芋は、しっとりして甘くお菓子のように美味しいですよね。

その味を自宅で楽しみたいという方はオーブンを使ってください。

スポンサードリンク

ちょっと時間はかかるのですが、オーブンがあれば焼き芋屋さんの味を楽しむことができますよ。

さつまいもを濡れた新聞紙で包み、さらにその上からアルミ箔をかぶせます。

後は230度から250度にするならば20分から30分、160度から170度にするならば60分から90分ほどオーブンで焼くだけです。

電子レンジの時と同じく、こちらも上下などをひっくり返してすべての場所に火が通るようにしてあげましょう。

炊飯器を使えば焼き芋も手間いらずで出来る

いつもごはんを炊くときに使っている炊飯器は、ご飯が炊けるだけでなく他にもいろいろ用途がある便利グッズです。

ご飯を毎日炊く方は炊飯器が空いていることは少ないかもしれませんが、手間なく簡単に焼き芋を作りたいという方は炊飯器があると便利ですよ。

作り方は簡単です。

炊飯器の中に水とお芋を入れてスイッチを入れれば準備完了です。

あとは炊けるまで待つのみです。

まとめ

焼き芋は高齢者の方から小さな子供までみんなに好まれている食べ物です。

食物繊維の他にも大切な栄養素がたっぷり含んだ食べ物ですから、焼き芋はおすすめですよ。

小さいお子さんでもお芋を新聞紙にくるんだりすることはできますよね。

美味しそうなさつまいもが手に入ったら自宅で焼き芋を作って楽しんではいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 - 生活