乙な情報ブログ

日常の生活の中で知っておくと便利な情報を書き綴るブログです。毎日の習慣の中でふと疑問になることを解決したり、対策を紹介しています。

通学時の花粉症対策のアイテムは?目のかゆみと鼻をガードするものは?

   

日本人の春の風物詩と言える、花粉症。
杉花粉やヒノキ花粉など、目や鼻、
そして喉に症状が出て苦しいものです。

学生のお子様をお持ちのお母さんなどは
少しでも勉強や学校生活に集中できるように
何か対策をしてあげたいと思うものですよね。

通学時の花粉症対策のアイテムは?
手放せない良い物をご紹介します。

スポンサードリンク
  

通学時に花粉症の対策はこんなアイテムがオススメ

学生さんは勉強に集中しないといけないのに
花粉によって集中できない状況って辛いものです。

もちろん薬を処方してもらうのが手っ取り早いですが
症状を軽減できるアイテムを用意したいものです。

通学時に自転車など乗っている人には花粉が
目や鼻、喉に入ってきますから出来るだけ防いで
花粉症の症状を軽くしたいですよね。

特に受験生シーズンと被る事もあるので
対策の必要性も上がりますね。

普通にマスクやメガネを着用することで
付けないよりも非常に楽にできます。

まずは、メガネ。

ゴーグルタイプなどもありますが、今はちゃんと普通のメガネに
見えるタイプのものがあるんです。
見た目も気にするでしょうから大事なポイントですよね。

それからマスクです。

マスクをすることで、適度な湿度に保ってくれて
花粉を吸い込むのを防いでくれます。
花粉症で喉が痛くなる人にはかなり着用をオススメします。

外にいる時に花粉の吸い込みや、症状を軽くするためには
この2つはやっぱり重宝しますね。

通学時の花粉症対策で目のかゆみに使えるのは?

先ほど軽く紹介したメガネは、花粉メガネです。

パリミキの商品で、透明のフードをつけてあるので
ゴーグルのような見た目にならないんです。

レンズに度が入っていない商品もあるので
目が良い人も使えるというところもオススメです。

スポンサードリンク

個人差はあると思いますが、見た目が普通のメガネに近くて
目の痒みを軽減してくれるのは嬉しいですよね。

しかもくもり止めの加工がされていますので
マスクを着用したままでもメガネを掛けられます。

すっきりしたデザインのメガネが5タイプ有って
各種色も選べるなんてオシャレにも
配慮したメガネなんですよ。

度が入ってない物は3880円(税込)からなので
高過ぎて手がでない事もありませんね。

これなら試してみる価値有りますね。

通学時の花粉症対策で鼻をガードするマスク以外のものはある?

本当は素直にマスクが花粉の吸い込みや喉へのダメージ防止になりますよね。

でも付けたくないとか、メガネを付けてマスクをすると曇るからとか(先ほどの花粉メガネを掛けない人など)、そしてもう既に鼻が詰まってしまっていてマスクをしても息苦しくて付けてられない、という人もいます。

だからそんな人にオススメのアイテムはこちら!

それは、ワセリンです。

鼻にワセリンを塗って粘膜を守ってもらうのです。ワセリンが花粉を付着させて症状を軽減してくれます。

因みにワセリンは塗っても鼻水でうまく濡れないこともありますから、塗って鼻の中でなじませ、何度も定期的に塗るのが効果的です。

タイミングとしては、朝や夕方、外出前、お風呂上がり、など数回塗ると効果的ですよ。

しかし、この方法にマスクをすると更に症状を防げると思うので、付けれる人は着用する事をオススメします。

まとめ

一度なったら上手く付き合うしかないのが花粉症です。

学生さんの本業は学業や部活動、そして恋?など集中しないといけない事も多いです。
対策をおこなってあげて、この季節を乗り気ってほしいですね。

でも症状がひどい時には耳鼻科や内科で診断を受ける事も大切ですよ。

スポンサードリンク

 - 春の行事 ,