乙な情報ブログ

日常の生活の中で知っておくと便利な情報を書き綴るブログです。毎日の習慣の中でふと疑問になることを解決したり、対策を紹介しています。

サンダルシーズンのタコ対処法とストラップの締め付けによる弊害を紹介

   

夏になると素足にサンダルを履く方が増えます。

足元が涼しげで夏にピッタリのサンダルですが、ストラップの締め付けはゆるくしてもきつくしても足に弊害が起きますし、タコができることも多いです。

サンダルのストラップによる弊害を避けるために、またはタコを対処法するためには何が出来るのでしょうか。

スポンサードリンク

サンダルのストラップはきつくてもゆるくてもダメ!

サンダルには足首を固定するためにストラップがついているものが多いです。

しっかり固定しようときつく締め付けてしまうと、足首にはかなりの負担となり、歩くたびにかかとが擦れて皮がむけてしまう方が多いです。

サンダルのストラップの締め付けをゆるくすることも問題です。

締め付ける部分が弱いためにストラップは止めるという役割を果たしません。

そのために、サンダルを掃いて歩くたびに、足の指が擦れてしまいますので、足の指に靴ずれがおきて指の皮がむけてしまいます。

このようにサンダルはきつすぎてもゆるすぎてもトラブルの元になりますから、締めつけ具合はしっかり調節する必要があります。

サンダルを履くと出来やすいタコの対処法は?

硬くなってきてタコができたらカッターで削る方もいらっしゃいます。

スポンサードリンク

しかし、削ったり切ったりすると肌を傷めつけてしまいますから、足の裏を守るために足裏保護パットをつけましょう。

そうすれば、自然に肌が治ってきますから、痛みもなくきれいにすることができますよ。

タコができて肌がかなり硬く厚くなってしまったら自分で対処することは難しいです。

無理に自分でなんとかしようとしても、余計に状態を悪くするだけですから皮膚科やフットサロンで専門家の助けを借りましょう。

トラブルが起きにくいサンダルの選び方は?

サンダルは形の可愛さで選んでしまうことも多いですが、一日中履くこともありますからトラブルが起きにくいものを選ぶことをおすすめします。

足の幅が狭いサンダルはきゃしゃで見た目は素敵ですがトラブルが起きやすいです。

幅は自分の足の幅に合うものを選ぶようにしてください。

サンダルは大きすぎれば前に全てしまって足の指やふくらはぎに力が入って痛くなってしまいますし、小さすぎるのも靴ずれが起きるだけです。

足の甲をしっかり抑えられるぴったりサイズのものを選びましょう。

まとめ

夏に涼しげなサンダルを履いてさっそうと歩いていると格好いいですが、トラブルを起こしていて歩き方もおかしくなりますし、見た目にも素敵とは言えません。

サンダル選びは慎重に、そしてタコができたら早いうちに足裏保護パットで足を守ってください。

スポンサードリンク

 - 生活 ,