乙な情報ブログ

日常の生活の中で知っておくと便利な情報を書き綴るブログです。毎日の習慣の中でふと疑問になることを解決したり、対策を紹介しています。

母の日にお花を贈るなら生花がいい?プリザーブドフラワーがいい?

   

母の日のプレゼントはお花がダントツ人気ですよね。
でも、お花って生花もいいけど、プリザーブドフラワーという、美しい姿を保持したキレイな花も魅力的です。
綺麗なお花を贈られたら嬉しいと思いますが、どっちがいいのか迷ってしまいますね。
それぞれ長所短所があるので参考にしてください。

スポンサードリンク
  

母の日のお花は生花?それともリザーブドフラワー?

どちらを贈っても喜ばれるのは当然で、この日を意識してプレゼントをすれば日頃の、いや今までの感謝の気持ちを伝えてもらえる訳ですから、お母さんには感激されるでしょう。

生花ってそのままで、普通の花ですよね。逆にプリザーブドフラワーって言うのは枯れない花です。

枯れないって凄いですが、生花よりも高価になります。そういったことを知ってくれているお母さんなら奮発してくれたんだというのも感じてもらえて、より感激されそうですね。

贈るならどっちというのは決められないですが、向いているのはどんな人かをご紹介したいと思います。

母の日に生花が向いているのはどんな人?

お花が日頃から好きで、よく花を飾ったり水を変えたりしているお母さんには、ぜひ生花を贈ってください。

スポンサードリンク

こういった方はお花の美しさを楽しんでいて、尚且つ枯れるからこそ本当に美しい時を楽しんでいるのです。

だから枯れない花なんて楽しくないと感じるのではないでしょうか?

そして、新しい違う花を楽しめるのですから、生花がオススメです。

しかも生花の方がプリザーブドフラワーよりもお手軽価格で買えるのもいいですよね。

母の日にプリザーブドフラワーを贈るのはこんな人がオススメ

お花の世話が面倒だといったお母さんには、枯れない美しい状態に保ったプリザーブドフラワーがオススメです。

だってお水をやらなくても、数年間も生花のような美しい姿を保持出来るのですから喜ばれるでしょう。

ただし、とてもデリケートなものなので、高温多湿は避けつつ、水分も嫌うので扱いは大切にしてほしい花ですね。

そして、生花よりも高くなりますから、そういった相場観のあるお母さんにも喜ばれるかもしれません。

まとめ

母の日のプレゼントのお花って、生花でもプリザーブドフラワーでも喜ばれます。

贈るお母さんの性格や性分も考慮して贈るのも重要ですね。

それでもお花って女性には喜ばれるものなので感謝の気持ち一杯で贈りたいですね。

スポンサードリンク

 - 夏の行事 ,