乙な情報ブログ

日常の生活の中で知っておくと便利な情報を書き綴るブログです。毎日の習慣の中でふと疑問になることを解決したり、対策を紹介しています。

緊急に証明写真が必要になった場合はどうしたらいい?

   

急に証明写真が必要になった時、皆さんどうしていますか?

ありがちなのが、バイトの面接などですぐに履歴書が必要になる場合。

証明写真はスタジオで撮影するにも営業時間との関係があるため、必要な時にできない場合もあります。

スポンサードリンク

コンビニを利用する

緊急に証明写真が必要になった時にとても便利なのがコンビニ。

大手のコンビニ店内ならどこにでもあるマルチコピー機。

これを使ってスマホで撮影した画像をプリントできるのです。

緊急の場合でもコンビニなら24時間対応しているため、出先でも証明写真を準備することが可能です。

しかもスピード写真よりも値段が大変安く、マルチコピー機では1分程度でが画像の読み込み、プリントができます。

このコンビニの証明写真はセブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、サンクス、サークルKのほとんどの店舗でできますが、一部対応していない場合もありますので、ウエブサイトでまずは確認しておきましょう。

スマホで撮影するため、何度も撮り直しができる点もメリットですね。

スピード写真で撮影する

証明写真がすぐに欲しいときはスピード写真がおすすめ。

スピード写真はあちこちで見かけるけど、実際に必要になるとなかなか設置場所が思い出せない時ってありますよね。

スピード写真が多く設置されているのが駅。

それぞれの駅のホームページをチェックするとスピード写真の設置があるかどうかもわかります。

スポンサードリンク

また大型ショッピングモール内や、スーパーの前、コンビニの前などあちこちにありますので、出先でも比較的見つけやすいですね。

スピード写真はその場で撮影してすぐにプリントされるので、緊急の場合も対応できる点がメリット。

また撮り直しも可能になっていますので、気にいるまで何度も調整できますよ。

証明写真はいつどこで必要になるかわかりません。

スピード写真の場所をなんとなく頭に入れておくと安心ですね。

ある写真を規定サイズにカットする

すぐに証明写真が必要。

時間がなくてスピード写真にもコンビニにも行けない。

そんな切羽詰まった状況の場合は、すでに手元にある写真を使う方法があります。

まずは必要な写真の規定サイズを確認しましょう。

証明写真はそれぞれ何か月前に撮影されたもの、という条件がありますのでなるべく最新の写真を使いましょう。

顔がおおきく写っている写真を証明写真風にカットして出来上がり。

しかしこの方法はほかに手段がないときの一時しのぎのため、後日提出先には規定の証明写真を再提出など対応が必要になります。

またパスポート写真などは背景など細かく指定されているため、すでにある写真では対応できない場合もありますのでご注意くださいね。

まとめ

証明写真が急に必要になった時は慌てる必要なし。

コンビニやスピード写真を利用方法があります。

急いで写真を用意するとサイズ間違などの失敗する可能性もありますので、くれぐれも慎重に証明写真を準備しましょうね。

スポンサードリンク

 - 生活