乙な情報ブログ

日常の生活の中で知っておくと便利な情報を書き綴るブログです。毎日の習慣の中でふと疑問になることを解決したり、対策を紹介しています。

就寝時の暑さ対策はどうしたらいい?

   

暑苦しい夜はなかなか眠ることができませんよね。

何度も寝返りをうっても眠れず、寝不足でストレスになります。

寝不足が続けば体力的にも参ってしまいますよね?

気持よく眠るにはどうしたら良いのか、就寝時の暑さ対策をご紹介します。

スポンサードリンク
  

就寝時の暑さ対策1 冷たい枕で頭を冷やそう

頭寒足熱という言葉はよく耳にしますよね。

その言葉のとおり、頭の部分を冷たくしてあげただけで、気持よく眠ることができます。

そんなときにおすすめなのが冷たい枕です。

ビニール袋の中に入れた保冷剤を枕カバーの下に敷いても同じような効果を得られますが、凍った保冷剤は硬いですから、その上に頭を乗せても眠れません。

しかし、枕用の冷却シートならば冷えていてもシートは柔らかいままですから、ぐっすり眠ることができます。

枕の上にシートを乗せ、上からタオルをかけて冷たい枕を作り、頭を冷やしましょう。

就寝時の暑さ対策2 着心地の良いパジャマに換える

寝るときにはパジャマを着ている方は多いですが、パジャマを換えるだけでも暑さ対策になります。

人は寝ている時に汗をかきますが、吸湿性の悪いパジャマの生地ですと汗で蒸れてしまって気持ち悪くなって眠れません。

スポンサードリンク

パジャマは通気性が良いもの、そしてゆったりと着れるものにしてください。

柔らかい生地のものですと、肌触りが良いですから気持ちよく眠れますよ。

就寝時の暑さ対策3 温度設定を高めにしてクーラーをつけて寝る

クーラーのつけっぱなしは体に良くないからとタイマーを掛けて寝るという方は多いです。

しかし、暑い夜はクーラーが切れたところで起きてしまい、また付けて寝ることの繰り返しになります。

この状態では、何度も起きてしまいますので寝不足の状態で朝を迎えてしまいます。

クーラーは設定温度を28度程度の高めにすれば一晩中つけていてもクーラー病になることはありません。

ただし、風が直接当たらないように羽を調整してください。

そして、身体には布団やタオルケットを書けて、冷えすぎないようにすれば朝までぐっすり眠れます。

まとめ

日本では、熱帯夜の日数がだんだん増えています。

暑さを我慢して眠ることはできませんし、無理に寝てもよく眠れずに寝不足になるだけです。

冷たい枕や着心地よいパジャマで、できるだけ涼しくする工夫をしてください。

それでも暑い日は我慢しないでクーラーをつけましょう。

節電のため、または身体のために、トクーラーを我慢していると、体に良くないですよ。

スポンサードリンク

 - 生活 ,