乙な情報ブログ

日常の生活の中で知っておくと便利な情報を書き綴るブログです。毎日の習慣の中でふと疑問になることを解決したり、対策を紹介しています。

夏場の子供やお年寄りに適切な水分と塩分の摂取量を紹介!

   

夏場は想像以上に体から水分を発散させています。

上手に水分を補給をしないと熱中症や夏バテの原因にもなりますよね。

特に子供やお年寄りの場合は摂取する水分量や塩分についても慎重にならないといけません。

そこで知っておきたい子供とお年寄り向けの水分補給のポイントをご紹介します。

スポンサードリンク

高齢者の水分補給方法

お年寄りは夏場になるとかくれ脱水を起こす方が急増します。

喉がかわかないので水を飲まない。

運動量が少ないのでついつい油断してしまう。

そんな要因が重なるとお年寄りも熱中症になりやすくなってしまいます。

また年齢のため疲労回復にも時間がかかり熱中症で命を落としてしまいケースも少なくはありません。

夏場の水分補給のポイントですが、お年寄りの場合はゼリータイプの経口補水液がありますので、水分不足を感じた場合はこのような水分補給も効果的。

尿の色が濃くなったり、回数が減る場合は水分不足のサインです。

大人に必要な水分量は一日2リットルといわれています。

お年寄りも食事や飲料水からしっかり水分補給を行いましょう。

持病がある場合には塩分摂取量は医師と相談してくださいね。

子供の水分補給のコツ

夏は冷たいドリンクやお菓子が子供の大好物。

しっかり水分補給をしているつもりでも、体調や気温など色々な要因が重なることで熱中症の可能性は高くなります。

子供の場合は体の冷えも注意しながら1回に300ml程度の水分をゆっくり摂取しましょう。

一気に飲むと体温調整が不安定になりますので、水を噛むように飲むことがポイント。

スポンサードリンク

また熱中症予防に効果のあるスポーツ飲料ですが、緊急の場合として飲むには良いのですが、習慣的に飲んでいると糖分の過剰摂取にもなります。

麦茶や水などを上手に使い、炭酸飲料などの摂取量も控えましょう。

熱中症は水だけでなく塩分も大切なポイント。

水分に対して0.1%程度の塩分を一緒に摂るとさらに脱水症状を予防する効果が高くなりますよ。

夏の水分補給のポイント

お年寄りや子供はなかなか体調の変化に自覚できないため、気が付いた時にはかなり脱水症状が進行している場合もあります。

そこで注意したいのが水分補給のタイミング。

夏場は喉が渇く前に水を飲みましょう。

また運動する前だけでなく、運動中や体を動かしている間の水分補給も大切。

体本来の働きで汗で体温調整する機能がありますが、衣類の素材によっても熱がこもりやすくなる場合もあります。

お年寄りはエアコンの中でついつい厚着をしてそのまま外出してしまう場合もありますよね。

夏場は通気性や吸汗性の高い素材の衣類を着用することが大切。

汗をかいたらすぐに洋服を気がえて体温調整が上手にできるように意識しましょう。

水分と塩分の補給は一番大切なポイントですが、熱中症は体調不良も原因になりますので、夏場は特に体調管理が重要ですね。

まとめ

夏場は健康な人でも熱中症になる可能性はあります。

水分と塩分補給は慎重に行いましょう。

特に子供やお年寄りは適切な水分補給をすることが大切。

水分と塩分のバランスを上手にとり、健康に夏を乗り越えてくださいね。

スポンサードリンク

 - 生活 ,